カバー工法のメリットとデメリットを把握しておこう。

雨漏りの一番の原因は屋根の劣化!~雨漏りの修理方法~

雨漏り修理の方法~人気のカバー工法~

カバー工法による修理

雨漏り修理では主に2つの方法が主流となっています。まずは、徐々にニーズが高まっているカバー工法に関することを紹介します。


屋根から雨漏りがして困っています。カバー工法が最近注目されている修理方法と聞いたのですが、具体的にどんな修理をするのですか?
カバー工法では、雨風をしのぐために屋根を二重にします。また、それだけではなく、遮熱性の高いガルバリウム鋼板を使用します。ガルバリウム鋼板を使用することで機能性の高い屋根になり、過ごしやすい住まいになります。また、ガルバリウム鋼板は酸性雨の影響も受けにくく、ひび割れの心配もない優れものなのです。
カバー工法を選ぶと、依頼した方にはどのようなメリットがあるのですか?それと、修理の際の注意点についても教えてください。
カバー工法は葺き替えに比べて、工期が短いというメリットがあります。これは、カバー工法が既存の屋根材の上に新しい屋根材を載せるという方法であるためです。そのため、廃材が出ることもなく廃材を処分する費用もかからず安価で済みます。しかし、屋根の劣化がひどいと内部の補修をしなければならないので、事前に業者に確認してもらってください。

カバー工法を選ぶ前に~知っておきたい費用の内訳~

費用項目を把握する

下地か、もしくは今ある屋根材の上に防水シートを設置するための費用が発生します。新しい下地を省くことはできますが、雨漏り防止のためにもこのシートは必ず必要です。そして、防水シートの上に設置する新しい屋根材も必要です。最近のカバー工法では先ほども紹介したガルバリウム鋼板を使用します。他にも、金属の屋根材が用いられることも多いです。

TOPボタン