修理を依頼する前に火災保険の申請方法を知っておこう。

雨漏りの一番の原因は屋根の劣化!~雨漏りの修理方法~

経年劣化でも火災保険は使える

風災での適用可能

住宅模型

屋根が雨漏りする原因は必ずしも経年劣化であるとは言えません。仮に経年劣化が原因であったとしても、高い確率で風災による被害も確認できます。風災による被害が確認できれば、風災補償の対象になります。

火災保険申請までに出来ること

屋根から雨漏りがする場合、火災保険を申請する前に被害の状況を写真に撮ったり、メモしたりして記録しておきましょう。そうすることで保険会社も詳しい状況を把握でき、それに見合った保険金を受け取れます。

火災保険を申請する方法

申請に必要な書類

火災保険の申請は車両事故の保険申請と同じで、意外と簡単です。必要な書類は「保険金請求書」と「事故状況説明書」の2枚だけです。保険金の支払いもスムーズに行なわれるので、面倒くさがらずに申請するようにしましょう。

実際に申請してみよう

申請書類の確認

まずは保険会社か、もしくは保険代理店に問い合わせます。台風による被害なのか、それとも雪や雷による被害なのか等を口頭で伝えます。そして、保険申請の方法や必要な書類は何なのか確認します。自分で記入して保険会社に提出する書類は先ほど紹介した2枚の書類です。そして、修理業者に作成してもらって、自分が保険会社に提出する書類は、「修理見積もり書」と「被害物の写真」の2つです。

作成・提出

調査と見積もり作成を無料でやってくれる修理業者に、被害状況の確認と修理費用の見積もりを依頼します。業者が来たら、まずは被害箇所の写真を撮ってもらいましょう。見積もり書は「屋根修理工事」という内容で作成してもらってください。保険会社からもらった書類と修理業者に作成してもらった書類をまとめて保険会社に送ります。

支払い

保険会社や保険代理店が選定した保険鑑定会社が被害状況の確認に来ます。日程の調整を行ない、保険会社の担当者と保険鑑定人が屋根の損害状況を確認します。その後、保険会社から支払いについての連絡が来ます。もし、お住まいの地域が台風の影響を受けていた場合は、保険鑑定士会社の現場確認が遅れてしまうこともあるので、事前に確認しておきましょう。

TOPボタン